2018/08/18

中央線ぶらぶら (その 2) の巻

連休最後のぶらぶらは、中央線ぶらぶらの続きで、西荻窪から開始です。
まずは駅前の柳小路飲食街。こんな面白いところ前回はなぜ気づかなかったのかなぁ。事前の下調べは行わずに行くのでいろいろ見落としがあるのは仕方ないことですが…



吉祥寺の有名なハモニカ横丁。昔歌川模型さんに行ったことがありますがここだったかな? 店頭に自社製のでかい木造貨車を飾っていたのを思い出します。


Lifeguard is watcing you...


これはよい理髪店


吉祥寺を過ぎると、面白いストラクチャーも見かけなくなりました。やはり下調べをしておいたほうが良かったのかな…?

中野と言えば有名なこの跨線橋。当日も何かロケをしていました。


?!


「いかのおすし」とは


武蔵小金井まで来て、ようやくひとつストラクチャーみつけて、今回はここまでとし、立川のマイホビーキョーサンに寄っておしまい。


国立以西は既にままちゃりで行っているので、次回は国分寺まで行って中央線は終わりにしようかな…

2018/08/16

珊瑚模型店 南薩鉄道ハフ53の制作 (その 3)

前回の続き。

キットに付属の重たい屋根は内側を削って使用することにしましたが、モーターツール用ビットが当時近所で入手できなかったので、ドリルでしみじみ穴を開けて削っていきました。その後ビットが手に入り能率よく削ることができました。勢い余って穴があいたところはエポパテでカバーです。


後は塗装待ちです。ひょっとしたらベンチレーターをつけるかもしれません。


2018/08/15

京急ぶらぶらの巻

夏休みぶらぶらの第2段は、あたたたたたな京急沿線です。北品川で降りて商店街を下り方面へ ぼちぼち歩いていきます。


怪獣の親子?




新馬場を過ぎたところで、素晴らしい建物が、調べて見ると旧交番だったようです。ロケ地としても有名だとか。


塗り断面が面白い。



青物横丁駅前にもいい感じの建物が。





君の名は?


立会川の商店街もいい感じ。


坂本さん


そして、今回のベストストラクチャー。これは素晴らしい!!


このあとは渋ストラクチャーもあまりなく、とりあえず大森町まで歩いておしまい。これで京急線は、川崎から品川まで歩いたことに。横浜までは伸ばしてみたいところですがさてどうなる?


2018/08/13

Rail Classic 加悦鉄道ハブ3 の製作の巻

去年の模型ショウで買った客車も、なんとかここまでできました。


ディテールはここまでで、あとは余分なハンダを取るだけです。組立は、あおのさんの製作記を参考にして妻板の幅詰めを行っています。先にこれを読んでなかったら、おそらくこれもスクラップになっていたでしょう… その他、手すり、荷物扉のレールには洋白材を使用、三角手すりは技術力を考えて省略しました。ブレーキシューが無いのは当鉄道の共通仕様です(機関車にもついてないので)。

Bタンクを先頭に客車のごった煮編成にするといい感じです。あとはアルモデルと珊瑚の客車を各 1 台づつ増やしたいし、古典 2 等客車改造型も作ってみたいところ。当鉄道は機関車は余っているので客車は何台あっても困らないようです。


それにしてもメーカーさんは催事に結構顔を出されているのですから、補足説明書ぐらいは配って欲しかったなぁ…

2018/08/11

東京ふらふらの巻

暑すぎるので、ままちゃりは止めて散歩にしようと、何かで見かけた (twitter?) 再開発間近の立石を目指して、青砥で降りて歩きだします。いきなり駅前に前回気づかなかった良い建物が!!


途中ぼちぼちと渋い建物を見つつ、なかなか立石につかないなぁと思っていたら、ようやく堀切菖蒲園駅で違う方向に行っているのに気づいて(!) 仕方なくもう一駅だけ歩いてから進路を決めることに。



その京成関屋で上野まではまだまだあることが判り、上野は諦めて当初の目的地立石に電車で移動です。駅前では翼くんがお出迎え。


駅前の仲見世商店街。ここも高架工事に伴う再開発で消えてしまうのでしょうか?


そして注目の呑んべ横丁。残念ながら 8/17 から一部解体開始とのことで、上野まで歩かなくて本当によかったです。


溝の口駅の西口商店街鶴見線の国道駅磯子の浜マーケットなどと共通する雰囲気、怪しくもどこか懐かしい感じがあります。前にも書きましたが、子供の頃の近所のマーケットはこんな感じでしたね。通路は流石に広いけど。







良い感じの消火器


立体化や再開発は悪いことではないとは思いますが、駅前の特色が無くなっていくのはやはりもったいないですね。市販品を並べただけのレイアウトのよう。


後は神保町へ行き、鉄道車両色見本帳3 地方私鉄編を購入、秋葉に行ってターンテーブル用に無洗浄フラックスなどを購入しておしまいです。見本帳シリーズはは初めて買いましたが’眺めて楽しむ本として良いと思います。専用線、第3セクター編の第 4 巻にも期待できそうです。


2018/08/09

hrev52197 の巻

8/16 追記:
hrev52224 で、日本語等幅フォントが Appearance から設定できるようになりました。

Terminal に日本語の等幅フォントを指定できるようになりました。これまでTerminal 上の日本語は Fallback font (Noto Sans CJK JP) で表示していたので地味に嬉しい改良ですね。これで好みのフォントをTerminal 上で使えると思います。


日本語フォントをシステムの等幅フォントにも指定できるといいんだけど、これは却下されていて残念。

2018/07/29

中央線ぶらぶらの巻

天気も回復したので、高円寺の古書市へ。今回も地図を持っていかなかったので場所がさっぱりわからず商店街をあっちこっちへふらふら。これは懐しい BeBox!!


やっと高架下の不動産屋の店頭にある地図で古書会館の場所を確認。残念ながら鉄道物はいいものはなかったけど、立風書房刊の『退魔戦記』、『地球の汚名』 (どちらも豊田有恒) があり心惹かれましたがパス。前者のシリーズは、光瀬龍の時間局員物と並んで日本のタイムパトロールSFの双璧ですね。

時間も余ったので、地名の由来である高円寺に寄った後、中央線を下り方面へぶらぶらと歩いてみました。


豆腐


ザ・パーフェクト・フード


ほんとうにあったんだ…





荻窪を過ぎると渋いストラクチャーがぼちぼち。




西荻窪まで歩いて、足の調子と時間的にもちょうどよい感じなので、最後に駅前商店街を少し見てみました。


看板のかすれ具合がいいですね。


次回は吉祥寺まで歩くかな?