2018/05/20

Submitting patch to Haiku の巻

Haiku へのパッチ送付方法が、Trac から Gerrit へ変更になっています。とりあえず作業が一通りできるようになったので、メモ。
※Haiku ビルド環境は Ubuntu 18.04 LTS です。
  1. review.haiku-os.orgへの登録
    • GitHub のアカウントを作成
    • GitHub のアカウントで、https://review.haiku-os.org に登録
    • サインイン後 profile を確認して、Email が空白であれば、Trac で報告 (例) し修正されるのを待つ (Trac のアカウントがない場合は作成)。
      ※ review.haiku-os.org へサインインすると、GitHub にもサインインしているので、サインアウト時は忘れずに GitHub もサインアウトすること。
    • ssh のキーを作成して、公開鍵の内容を登録。
  2. ソースの修正
    • ローカル master から作成した作業用ブランチで色々変更。
      ※ローカル master はいじらない。
    • git gui で、変更を commit
      ※タイトルは 50 文字以下
      ※ git gui でやれば落ち着いてできて楽。
    • git format-patch master で commit ごとのパッチを作成
    • ローカル master から submit 用ブランチを作成してチェックアウト。
    • 先に作成したパッチから、submit するパッチを 1つだけ適用。
      git am patch_name
      ※1 submit に対して、1 commit だけにすると後の修正が楽です。
      →たくさん submit したい場合は、submit 用ブランチを複数用意。
      ※パッチ適用前にパッチファイルを編集すれば、コミット内容を修正できます。
  3. Submit (初回)
    • git-review をインストール
      sudo apt install git-review
    • submit 用ブランチにチェックアウトして、git-review --dry-run でChange-Id ができます。
      ※ 一度やればOK
    • commit を git-reviewで submit
      git-review
      ※俺だけトピック付きでアップロードされちゃった!! ()
      • レビュープロセス上は問題ないようです。この件で意見はありませんでした。
      • git-review -T でトピックはつかなくなるようです。
    • アップロードを確認したら、Trac で submit した URI をつけて詳細報告 ()
  4. Submit (2回め以降)
    • パッチが採用されたら、ローカル master を更新 (git pull) 後、 作業用ブランチと submit用ブランチにそれぞれチェックアウトと rebase
      git rebase master
    • 以下繰り返し
      • ソース修正、submit 用ブランチへの適用
      • git-review -T (-T おぷしょんをおぼえた!!)
      • Tracでの報告
  5. Submitしたパッチの修正
    • submit 用ブランチにチェックアウトしてソースの修正。
    • git rebase -i HEAD~2 (Qtプロジェクトにコミットしようよを参考にしました)
      • squash で変更の統合、その後メッセージ、タイトルの修正。
        ※ Change-ID は変更しないこと!!
    • git-review -T
    • 必要に応じて、作業用ブランチの修正。
      ※更新された master と conflict を起こさないようにするため。

2018/05/19

GCC 8.1 の巻 (その 2)

60 ファイル以上修正して、Haiku のビルドは通るようになりました…
ぼちぼち submit していきたいと思います。

ビルドは通っても、残念ながら起動途中で落ちますが、これは他の方におまかせです…  主な修正は以下の通りです。
  • -Werror=catch-value=
    catch() の引数を参照渡しに変更。
  • -Werror=stringop-truncation
  • -Werror=stringop-overflow=
    strlcpy() か、オーバーラップのある場合はmemmove() に置き換え。
  • call of overloaded 'abs(uint32)' is ambiguous
    三項演算子に置き換え
  • -Werror=class-memaccess
    引数を void *, const void * にキャスト。本格的に直すにはc++の知識が必要。

2018/05/06

東京ふらふらの巻

土曜日は東京をふらふら〜というわけで、京急を青砥で降り、高砂駅から金町線を北に上がります。


柴又駅。


駅前の寅さん


柴又帝釈天の沿道はいい感じですね (とらやは逆光で残念)。ここ以外ももうちょっと下町感あると思ったのですが…



亀もまったり。


愉快な看板


帝釈天をあとにして、金町に到着。駅ビル内の中央図書館で『光瀬龍 SF作家の曳航』があったので読む。出ていたときに買っとけばよかったなぁ。最近買った日本SF傑作選は巻末の言い訳含めていまいち。

時間もあるので、常磐線で金町から北千住へ移動。
駅前のお医者さん


怪獣退治の合間には…


鉄道模型市の帰りに行くつもりだったフジモデル。今回は地図を待っていかなかったのですが奇跡的に到着。


ジャンクコーナー (?) で栓抜きカプラーとナンバープレートを購入。このプレートは宮沢のBタンク、Bテンダー用のじゃないかな? いったいどこから出てきたんだろう…


大きな銭湯。


東京には、まだまだ見るところがいっぱいあるようです。

2018/05/05

GCC 8.1 の巻

GCC 8.1 がでましたので、早速試してみました。いつものように、8.1.0 に 7.3.0 から作成したパッチを当てる形です。gcc-8.1.0.patch

残念ながら x86 版のビルドはできなくなってしまったので、以前のように単純な置き換えではだめで、gcc_syslibs を作成しないと完全な形で haiku ビルドはできません。haikuports もいろいろと試しているのですがどうもうまくできません (git 前提でしょうか?)。haiku 自体 gcc8 で結構エラー出ているのでパッチを送りたいのですが、パッチの送付方法も変わってしまっていていまいちよくわからない…

2018/05/02

⁠Bionic Beaver⁠ の巻

強化ビーバー? Bionic と言えばビーバーよりジェミーですね (おっさん)。

ネタはさておき、Haiku のビルド環境を Ubuntu 16.04 LTS から 18.04 LTS に上げてみました。HDD の交換とあわせてのクリーンインストールです。今回もパーティション設定失敗などあって 1 度でうまくいかず、2 回インストール行ってやっと落ち着きました。

いまのところの問題点は以下の2つです。
Haiku ビルド環境の再設定や細かい調整はまだ残っていますが、とりあえず移行はできました。

2018/04/30

第15回 鉄道模型市2018年の巻

連休3日目は、恒例の鉄道模型市です。

恒例の入場前ぶらぶらは、浅草から一歩進めて本所吾妻橋に行ってみました。結果的にこれが当たりであったようで、おもしろいストラクチャーがたくさん見られました。
交番


謎の人々


お店2題



工場


こういう表現ができるようになりたいものです。


鳩の街。小私鉄の駅前プロトタイプに良いかも。


日本一!!


たまには鉄道写真も。


浅草へ戻ると、ちょうど模型市の自由入場が始まる頃でした。会場は去年よりさらに大きくなっているような? 6000円のつぼみ Bタンクが売っていて、とても気になりましたが、動輪がワッシャ入りタイプであったこともあり、自重。プラ車輪と、アルモデルのパーツ、カワイのトを購入しました。ベーカーカプラーはなかったかな。床がダイキャストのトもあったけどいったいどこのだろう?

模型市を後に神保町へ。蔵前のこの本屋さんはまだ健在?


神保町では、地方私鉄1960年代の回想SL機関区のストラクチャーを購入。残念ながら鉄道史料156号は品切れ…古本は秦川堂に荷物車の聖書が入っているぐらいでしょうか。篠村の跡地は変化なし、すずらん堂は食堂に、秦川堂の下はブックカフェになっていました。本屋で飯を食べるのはいまだに理解しがたいですが、そうでもしないと客は入らないのでしょう。うまくいえないけど、飯屋で本を読むのとはやはり違うのです。

HDD を買いにアキバにも寄りたかったのですが、ちょっと疲れたのでそのまま帰りました。

今回の戦利品。また客車が増えそう…


2018/04/29

ぶらりままちゃり旅の巻

連休の初日は、トントントントン…ということで日野へ。

やや向かい風の中をいつものように町田から聖蹟桜ヶ丘へ進み、今回は川崎街道を北上します。立川の時と違ってアップダウンは無く楽でした。

日野宿本陣


日野の建物をいくつか。




約 4時間半で、日野駅へ着きました。おもしろい駅舎ですが、いつまで残るでしょうか。


時間に少し余裕が出来たので、帰り道はあちこち寄ってみました。
高幡不動尊五重塔。橋から撮ればよかったかな。


新選組と人の言う…


京王百草園。今回の行程でここへの坂道が一番キツかった… 駐車場はないのでここまで。


帰りは逆風の中へろへろとなりながら帰り着きました。最近年中強風吹いているような。異常気象?

これで、ままちゃりで行く中央線シリーズもあとは国立を残すのみとなりました (たぶん)。それにつけても、逆風をものともせず、上り坂をままちゃりや一輪車で追い抜いてゆく多摩の女子のたくましさよ…

2018/04/15

Haiku で Mozc の巻 (その 5)

Mozc が Haiku 公式バイナリの x86_gcc2 対応となりました。素晴らしい!!!!!!
さっそく、x86_gcc2 な Haiku 上で HaikuDepot のリポジトリを更新すると、mozc が出てくるのでインストールしてみました。




x86_gcc2 版でも問題なく入力できました。これで Beta1 や R1 が出ても安心です。hanya さんありがとう! (併せて qthaikuplugins の修正もありがとう!)


2018/04/08

新番組と最終回の巻

あいかわらず MX の総取り状態…
  • ルパン三世 PART5 (新)
    どうやって火消しするのかな?
  • メガロボクス (新)
    おもしろいんだけど、わざわざギヤをつけて戦う理由が感じられないのがもったいない。生身でいいやん。
  • されど罪人は竜と踊る (新)
    読者の人用かな?
  • キリングバイツ (終)
    天然モノは養殖モノより強く、そして感染する!?

2018/04/07

Haiku で Mozc の巻 (その 4)

hanya さんが移植されている Mozc ですが、GUI が QT から Haiku ネイティブになってフォントの問題も解消され、依存ライブラリも減ってダウンロードも早くなっています。素晴らしい!!!!

あとは、"公式" イメージ用に、x86_gcc2 版があればよいのですが…
x86_gcc2 な input_server add-on と、x86_gcc5 な mozc 本体(?) をどう繋ぐんだろう?  BMessage??

公式が gcc5 / gcc2 hybrid になれば問題ないのですが、これもなかなか難しいようです。今では QT アプリもあり、BeOS 互換はあまり考えなくてもいいと思うのですが。