2018/11/12

バーチャルなアイドルの巻

20世紀のバーチャルアイドル「伊達杏子」がお母さんになっていた!? 娘の「伊達あやの」がVTuberデビューへ

なんと、キョウコ・ダテさん生きていた!! 以前どこかでデーターが再利用されていたというのを見たのが最後だったけど、生きて子供までいるとは。テライユキさんもお元気かな。

しかーし、おいらにとってバーチャルアイドルと言えば、もちろん時祭さんですよ。リアルイヴ? なんですかそれ。

2018/11/11

ぶらりままちゃり旅の巻

週末は、国道一号経由で小田原方面です。西に向かっても大抵新松田経由なので、ままちゃりで直接小田原に行くのは何年ぶりでしょうか。さすがにアップダウンの少ない楽な旅でした。

国府津の商店街



酒匂川を超えて、小田原へ…
 

かまぼこ通りにはいい感じの建物がちらほらありますが、どうにも逆光で厳しい…





小田原文学館経由で早川超え。


早川駅は小田原の次駅なのに駅前商店街もなくぽつんと建っている感じで、気づかず通り過ぎるところでした。このいい感じな駅舎はいつまで見られるでしょうか…


微妙な萌え看板?


次回行くときはもうちょっと早出して、根府川あたりを目指してみましょうか…

2018/11/10

死闘・第十一番惑星の巻

旧作と違って、すでに地球と敵さんが交戦状態の割には、太陽系最外周の防衛が疎かというか、のんきに新鋭艦で演習してる場合じゃないでしょ。敵さんのほうもトップは愛を語り、部下は部下で敵に死ぬまで戦えと言いはる、すごい組織ですねぇ。

おもちゃのヤマト絡みからの話は、旧作で地球艦隊全滅後の子供のセリフのオマージュなのでしょうか。そして今回の幼女は前作のような幼女枠に収まるのか? ただのゲスト? ガンダムじゃないので、まぁ民間人は退艦だよなぁ。

それにしても、今作は敵味方問わず物量押し好きだねぇ。すでにバッフ・クラン宇宙総軍の艦数は超えているかも。ボドル基幹艦隊にはまだかな。

2018/11/03

激突!ヤマト対アンドロメダの巻

今回は TV 版からかな。

置いてけぼり 2 号登場。まだ直接人類の危機ではないし、そもそもしがらみがない人のほうが少ないのでは? と思ったががそうでは なさそう。奥さんの助け助けられ云々は名言だけど、結局最後には送り出すところはやはり軍人の奥さんか。

アンドロ軍団は旧作ファンのあこがれではありますが、やはりアンドロメダ 1 艦だけのほうが華もあるし、「復興・力・非人間性(今作はこの設定だけは無いですね)」のシンボルとして生きるような。ドックに並ぶ建造中のアンドロメダ級の止め絵を見ながら、白色彗星到達までに間に合うかどうかとワクワクするのがいいんです!

2018/10/27

未知への発進!の巻

キャラを整理しながら、ヤマトは旅立つ ー 立ち向かうはアンドロ軍団!!

長官にはもう少しゆっくり旅立ちを見送ってほしかったなぁ、そして直後の副官のセリフは余計。テレサの呼びかけが (古代くんには) 沖田艦長の一言だけというのも、えっ、それだけでみんな行っちゃうのーでちょっと盛り上がれないところなのかも。

2018/10/21

アルモデル 木造ボギー客車の製作 (その 1) の巻

先に立川で購入したキットの組立開始です。元々切り継いで単車にする予定でしたが、綺麗に切り継げる自信が無く、素直にボギー客車として組むことにしました。加悦鉄道のハ 30 あたりのイメージで行きたいと思います。

床板は、カプラー穴と台車取り付け穴をリーマーで広げ、エコーのカプラー台 (カプラーは 2621,台車は 2623) をハンダ付けしました。台車は一番外側の穴を使用しましたが、もっと車端に寄せたほうが感じが出たかもしれません。カプラー穴の方は車内に飛び出しますが密閉デッキにするので問題なしです。ネジ穴はエッチングキットの弱点ですのでなるべく丈夫にしたいものです。


台車はだるまやの TR15、ケーディのアーチバー、科学教材社移転前に買ったプラ製アーチバーがありますがどれがいいでしょうか?


車体はまず側板と妻板の折り曲げ箇所にハンダを流します。先にこれをやっておかないとちょっと千切れそうでした。
 

つぎに裏面をハンダメッキしたウインドシルをクリップで固定し、窓の裏からハンダ付けしました (ウインドシルの上断面にハンダを少量流す感じ)。端までハンダが回っていることを確認後、余分を切り落としました。



その後窓枠をハンダ付けし、四角に組み上げました。


今回はここまで。

2018/10/20

衝撃・コスモリバースの遺産の巻

11 番惑星は結構開発されてるのね。防衛は相変わらずお粗末でしたが。

コスモリバースの負の遺産、もっとひどいものかと思えばまさにタナボタじゃないですか。さすがにここで働いているのは生物ではないでしょうが (ラーゼフォン現象がぁ)。ガミラスが持て余した系外植民星も貰えて、危ない火遊びに邁進する地球のその先は?

今回のテレサはどちらかといえば、テレビ版寄りかな。地球の現実に憤るアツい古代くんは良いのですが、2199 が初めてのヤマトの人はびっくりするだろうなぁ。それにしても、他人は巻き込むのに、(共に戦ったはずの) 身内は巻き込まないと言うのはちょっと困りますね。

負の遺産は、ラストにかかわるのでしょうか? さすがにテレビ版のそのままというわけではないでしょう…

2018/10/15

新番組と最終回の巻

今季はこれぐらいかなぁ。
  • 銀魂 (終)
    ドタバタぶりもまぁこの作品ならではということで。たぶんもう 1 回やるでしょう。
  • 色づく世界の明日から (新)
    魔法使いだから見えないのか、魔法使いなのに見えないのか?
  • FAIRY TAIL (新)
    新作でなく、前作の続きで安心。細かい内容はたいぶ忘れてるけど…

2018/10/14

緊迫・月面大使館に潜行せよの巻

やはりアンドロメダのテーマは燃える!!!

元の映画をなぞりながらも、独自の展開が入りつつあるようです。
増殖するアンドロメダ級、2199 では意図的に (?) 避けていた「宇宙放射線症」の復活、律儀なガミラス人たち、なぜかバルキリーまで登場。これからどうなる?

2018/10/13

第43回日本鉄道模型ショウの巻

今日は平成最後の鉄道模型ショウです。

さて、いつものぶらぶらは今回から東急線です。自由が丘から大井町線に乗り換えますが学生サンでひどく混んでて久々の通勤体験でした。池上線の千鳥町から散歩の開始です。

いつもどおり、ストラクチャーの写真を
 

ドラム缶のレイアウトも難しい…
 

これはよい工場


この風雪に耐えた感じがいいですね


蓮沼まで順調でしたが、なぜか池上線から多摩川線に出てしまい、仕方なくさらに進んでいくとどうも電車の方向幕がおかしい…逆走だ!! あわてて駅に戻り、電車で蒲田まで。なんとか開場に間に合いました。

さて肝心のショウですが、まぁ例年に比べてお財布に優しかったとだけ (去年が買い過ぎか?)。模型のショウというのに新大阪模型で買った御坊臨港/紀州鉄道の竣工図が目玉ぐらいか。あとは IMON とボークスで小物を買っておしまい。