2018/06/17

珊瑚模型店 井笠タイプ転車台の製作の巻

スワップミートで購入した転車台を組み始めました。

ピット (1) から取付板 (17) を外しますが、はめ合いがきつくて苦労しました。取付板にはブラシ受けボス(28) を付けますが、外側の分の穴が小さいのか綺麗に立てるのが難しかったです。


横梁外 (3)・横梁内 (4) はハンダメッキ後、切り欠きの無い面が部分がツライチになるように貼り合わせます。桁 (2) の中央部を少しづつヤスりながら、桁と横梁が合うように調整していきました。


桁と横梁を両端と中央でハンダ付けして桁は完成です。流石に丈夫です。


桁は最終的にシャフト (15) にハンダ付けで固定となりますので、ここから先は塗りながら組み立てないといけないようです。ピットのコンクリは何色がいいのかな?


エムスの転車台どうしよう…

2018/06/16

LibreOffice の巻 (その 2)

Haiku 用 LibreOffice の git-6 版では、日本語の表示ができるようになり、フォントサイズなどの書式も反映されるようになりました。
 

これでインライン変換できるようになったり、UI に日本語選べるようになればいいですね。

2018/06/08

LibreOffice の巻

LibreOffice のリリースが近いということで、試してみました。


残念ながらこちらの環境では起動はするもののうまく動きませんでしたが、今後 (そして Haiku ネイティブ版) に期待ですね。あとは、Firefox があれば Haiku 上でいろいろ作業ができるかな。

※試される方へ。LibreOffice と mozc をインストールした状態で使用容量 1.31G でしたので、標準配布のイメージだと空きが足りないかもしれません。

2018/05/31

.jsonlz4 の巻

Firefox のブックマークを一部戻す必要があり、.mozilla 内のバックアップを見たところ .jsonlz4 という謎のフォーマットになっていました。

拡張子に lz4 があることから、 liblz4-tool をインストールして試してみましたが展開できず、あちこち探して dejsonlz4 で展開できました。あとはエディタで必要な部分を切り出しておしまい。

2018/05/27

スワップミート同窓会2018 の巻

今年のスワップミート同窓会は少し遅れて 5 月の開催となりました。
いつものぶらぶらは、練馬の手前の和光市駅からです。


駅前のニホニウム記念碑


いつもならここから次の駅に進むところですが、駅の案内板に新倉ふるさと民家園の記載がありましたので寄ってみました。建物は 1 つしかないですが、中もじっくり見れ良い感じでした。ここまでの道順が分かりにくかったのが惜しいところでしょうか。



その後成増北口商店街まで歩き。アップダウンはいいのですが、道が途中で途切れていてキビシー。


成増から練馬の会場へと。前回に比べると、今回はちょっと来年に期待といった感じでしょうか。TMS の広告で見て気になっていた珊瑚の On 転車台ですが、持参のつぼみ B タンクを乗せてみて良い感じだったので購入。あとはアルモデルの O ナロー用ナンバープレートを購入。B タンクのより少し大きい気もしますが、宮沢ナンバーの大きさを見れば、十分許容範囲かと。

帰りは神保町へ行き、この前買えなかった鉄道史料 156 号を購入。散財の一日を終了しました。


前のと合わせて
  • 鉄道史料 156
    新人現る! 同人誌もいいけど、こういうところにどしどし投稿していったほうが結局は良いと思うんだけどなぁ…
  • 地方私鉄1960年代の回想
    いい写真が見開きで切れまくってもったいない。横綴じにはできなかったのか?
  • SL機関区のストラクチャー
    いつかは、駅前のストラクチャー (非鉄道部門) を期待したいところ。

2018/05/26

或る鉄道橋? の巻

出張先で見つけた、鉄道橋? です。


橋の上にもバラストが撒かれていて、橋というより高架の下を川が流れている感じです。このタイプなら、市販の組み立て式線路そのまま使えますし、橋をカーブさせてもいいのがレイアウトでは楽ですね。

2018/05/23

GCC 7.3.0 の巻

Haiku 公式のコンパイラが、ついに gcc 7.3.0 に上がりました!!

さっそく我が家の Haiku ビルド環境 (x86_gcc2 / x86, x86_64) もリビルド。x86_64 版で起動を確認しました。

gcc8 のほうはまだ起動せず。さてどうするか?

2018/05/20

Submitting patch to Haiku の巻

Haiku へのパッチ送付方法が、Trac から Gerrit へ変更になっています。とりあえず作業が一通りできるようになったので、メモ。
※Haiku ビルド環境は Ubuntu 18.04 LTS です。
  1. review.haiku-os.orgへの登録
    • GitHub のアカウントを作成
    • GitHub のアカウントで、https://review.haiku-os.org に登録
    • サインイン後 profile を確認して、Email が空白であれば、Trac で報告 (例) し修正されるのを待つ (Trac のアカウントがない場合は作成)。
      ※ review.haiku-os.org へサインインすると、GitHub にもサインインしているので、サインアウト時は忘れずに GitHub もサインアウトすること。
    • ssh のキーを作成して、公開鍵の内容を登録。
  2. ソースの修正
    • ローカル master から作成した作業用ブランチで色々変更。
      ※ローカル master はいじらない。
    • git gui で、変更を commit
      ※タイトルは 50 文字以下
      ※ git gui でやれば落ち着いてできて楽。
    • git format-patch master で commit ごとのパッチを作成
    • ローカル master から submit 用ブランチを作成してチェックアウト。
    • 先に作成したパッチから、submit するパッチを 1つだけ適用。
      git am patch_name
      ※1 submit に対して、1 commit だけにすると後の修正が楽です。
      →たくさん submit したい場合は、submit 用ブランチを複数用意。
      ※パッチ適用前にパッチファイルを編集すれば、コミット内容を修正できます。
  3. Submit (初回)
    • git-review をインストール
      sudo apt install git-review
    • submit 用ブランチにチェックアウトして、git-review --dry-run でChange-Id ができます。
      ※ 一度やればOK
    • commit を git-reviewで submit
      git-review
      ※俺だけトピック付きでアップロードされちゃった!! ()
      • レビュープロセス上は問題ないようです。この件で意見はありませんでした。
      • git-review -T でトピックはつかなくなるようです。
    • アップロードを確認したら、Trac で submit した URI をつけて詳細報告 ()
  4. Submit (2回め以降)
    • パッチが採用されたら、ローカル master を更新 (git pull) 後、 作業用ブランチと submit用ブランチにそれぞれチェックアウトと rebase
      git rebase master
    • 以下繰り返し
      • ソース修正、submit 用ブランチへの適用
      • git-review -T (-T おぷしょんをおぼえた!!)
      • Tracでの報告
  5. Submitしたパッチの修正
    • submit 用ブランチにチェックアウトしてソースの修正。
    • git rebase -i HEAD~2 (Qtプロジェクトにコミットしようよを参考にしました)
      • squash で変更の統合、その後メッセージ、タイトルの修正。
        ※ Change-ID は変更しないこと!!
    • git-review -T
    • 必要に応じて、作業用ブランチの修正。
      ※更新された master と conflict を起こさないようにするため。

2018/05/19

GCC 8.1 の巻 (その 2)

60 ファイル以上修正して、Haiku のビルドは通るようになりました…
ぼちぼち submit していきたいと思います。

ビルドは通っても、残念ながら起動途中で落ちますが、これは他の方におまかせです…  主な修正は以下の通りです。
  • -Werror=catch-value=
    catch() の引数を参照渡しに変更。
  • -Werror=stringop-truncation
  • -Werror=stringop-overflow=
    strlcpy() か、オーバーラップのある場合はmemmove() に置き換え。
  • call of overloaded 'abs(uint32)' is ambiguous
    三項演算子に置き換え
  • -Werror=class-memaccess
    引数を void *, const void * にキャスト。本格的に直すにはc++の知識が必要。

2018/05/06

東京ふらふらの巻

土曜日は東京をふらふら〜というわけで、京急を青砥で降り、高砂駅から金町線を北に上がります。


柴又駅。


駅前の寅さん


柴又帝釈天の沿道はいい感じですね (とらやは逆光で残念)。ここ以外ももうちょっと下町感あると思ったのですが…



亀もまったり。


愉快な看板


帝釈天をあとにして、金町に到着。駅ビル内の中央図書館で『光瀬龍 SF作家の曳航』があったので読む。出ていたときに買っとけばよかったなぁ。最近買った日本SF傑作選は巻末の言い訳含めていまいち。

時間もあるので、常磐線で金町から北千住へ移動。
駅前のお医者さん


怪獣退治の合間には…


鉄道模型市の帰りに行くつもりだったフジモデル。今回は地図を待っていかなかったのですが奇跡的に到着。


ジャンクコーナー (?) で栓抜きカプラーとナンバープレートを購入。このプレートは宮沢のBタンク、Bテンダー用のじゃないかな? いったいどこから出てきたんだろう…


大きな銭湯。


東京には、まだまだ見るところがいっぱいあるようです。